2012年06月03日

犬の抜け毛と皮膚炎の悩み

毎年この時期になると悩まされるの犬の抜け毛。
ボーダーコリーのふさふさとした毛並みが大好きで、昨年も夏前まで毛をカットせずに伸ばしていたんですが、皮膚病にかかってしまって、初めてサマーカットに挑戦しました。

虎刈りのようになってしまったのは、まあ愛嬌ですが、冬を越してもとのふさふさした毛並みに。
暑くなる前にサマーカットにしようとバリカンを持ち出したんですが、家族の猛反対にあいました。
私と同じで、ボーダーコリーのふさふさした毛並みが好きなんですね。

昨年は毛を刈った後がみすぼらしくなってしまったので、その印象が残っているんだと思います。
そこで、ブラッシングや、アンダーコートカット用のものを買ってこまめに毛の処理をしましたが、抜け毛に追いつきません。
毎年この時期は苦労します。

けっこうこまめに毛の手入れをしていたんですが、抜け毛の状態が昨年と同じような感じになってきました。
ちょっとヤバい!
昨年の脱毛で皮膚があらわになってしまった悪夢がよみがえりました。
今年は早めにサマーカットをしてあげなくてはいけないようです。

また家族からとら刈りだと責められそうですが、犬にとっては皮膚炎の痒みで苦しむよりは毛を短くした方が気持ちがいいと思うので、再度挑戦です。
皆さんはどうされているんでしょうね。

ちなみに使う犬用のバリカンはこれです。




使いやすさは、まあまあですね。
でも値段が安く口コミ評価も良かったので使ってみたんですが、とら刈りは、バリカンのせいではなく、私のスキルの問題だと思います。


ニックネーム kazu at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: 絵文字[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3163083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
記事内容