2012年12月10日

犬の写真をアナログフィルムで撮る

デジカメで犬の写真やペットの写真を撮って楽しんでいる人が多いですね。
私も家族の写真を撮るよりも、犬の写真を撮っている方が多い気がします。

犬のちょっとしたしぐさや表情が可愛らしくて、記録に残しておきたい。
まあ、そんなに大げさに考えることなく、気がつけばカメラを犬に向けていますね。

お気に入りのデジカメで写真を楽しんでおりましたが、息子の結婚を機に、息子に愛用しているデジカメをお祝いにあげてしまいました。
もともとフィルムカメラを愛用していたので、次のデジカメを買うまでに休眠中であったフィルムカメラを出してきました。

昔の一眼レフカメラ何ですが、ずっしりとした重さで、風格さえ感じます。
昔は撮影時にすぐに写りを確認するなんてことができませんでしたから、シャッタースピードや露出を慎重にセットして撮影したものです。
でも、それが今となっては新鮮で、妙に愛着が出てきました。

さっそくフィルムを入れて撮影し、近くのキタムラで現像に出したんですが、値段が大幅に上がっているんですね。
びっくりしました。

需要が少なくなっている分、高くなっているんでしょう。
もっとショックだったのが、もうすぐ現像も受けなくなるとの話。
アナログのカメラが使えなくなる!そんなショックを受けました。
続きを読む

ニックネーム kazu at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事内容