2012年10月11日

使い物にならない犬用のレインコート

自分の愛犬用にいろいろ買い物をすることが多いですが、最近の失敗例を紹介します。
今まで愛用していたレインコートがボロボロになり、それでも繕いながら使用を続けていたんですが、いよいよ捨てざるを得なくなり、新しい犬用のレインコートを買いました。

ボーダーコリーの「華」は女の子なので、フリルのついたかわいいレインコートを選択。
これを着せたら可愛いだろうなとイメージしながらの購入になりました。

雨の日までレインコートの出番はなかったのですが、散歩に出ようとしたとき雨が降り出し、チャンスとばかりにレインコート着せようとしました。

しかし、マジックテープで留めるだけの簡単なつくりのレインコートにも関わらず、着せるのに悪戦苦闘。
動き回る犬にうまく着せることができません。

以前使用していた犬用のレインコートは背中がジッパーになっていて、両足を入れさえすれば簡単にジッパーをしめることができました。
おまけにおなかの部分はレインコートですっぽり覆われているので、雨にぬれる部分が少なくて、あとの手入れが簡単でした。

フリルなどのついていない、実用第一のレインコートでしたが、これの方が随分とましでしたね。

見かけだけで、レインコートを選んではいけない。
いい反省になりました。

ちなみに →犬用レインコートの人気ランキングってこんな感じなんですね。参考になりました。


ニックネーム kazu at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事内容